新人教育カリキュラム

充実の教育で、じっくり基礎から勉強しよう。

入社後半年間は、勉強していただきます。
文系の方も心配要りません!

入社前研修(3月末)

カリキュラム名 概要 ある日の新入社員の研修報告書
研修カリキュラム(社外)約2日間

ビジネスマナー(挨拶、名刺交換、電話対応)など、社会人としての基礎力を身に付けます

3月某日

社会人としてのマナーや仕事の基本は、会社からいただいた資料に目を通していたのですが実技となると勝手が違うものばかりでした。
挨拶やお辞儀も、種類や使い方がそのときの状況によって分かれており、全てマスターするのは簡単ではないと感じました。

チームワークやコミュニケーションの講義では、ゲーム形式で行ったのですが、グループ内での面識の浅い方たちと、1つのことをするのにコミュニケーション能力がいかに重要か知りました。

次回の研修がマナーを学ぶ最後の研修なので、今日学んだことを忘れずに、しっかりと勉強し、次回に繋げたいです。

新入社員研修(4〜9月)

カリキュラム名 概要 ある日の新入社員の研修報告書
導入教育(社内)約2日間

入社当日は、基本的な社内規定などの説明を受けます。これからUSEの社員として、どのような環境で仕事を進めていくのか、実感できる日となります。

  • 入社式
  • 社員紹介
  • 社長講和
  • 会食
  • 会社概要、社内規定・ルールの説明
  • 情報セキュリティ/ウィルス対策の方法
  • 自分のパソコンのセットアップ

4月某日

入社式はとても緊張しましたが、取締役員の方々の貴重なお話は非常に勉強になり、本日から社会の一員であると改めて実感し、身が引き締まる思いでした。

社内ルールや人事制度、社内外の文書の書き方などは説明を受けましたが、全てを把握するには至らなかったので、また改めて資料や電子ファイルで確認をし、必要なときに必要なものが分かるようにしておきたいです。

会社の業務紹介は自分にはまだ理解できないことばかりでしたが、皆さんが私たち新人のためにポイントを絞って説明してくださったので、最終的に何をするものなのかは、何とか分かりました。

4月中は今日と明日の2日間しか社内の研修はないので、今のうちに業務以外のさまざまなことを吸収して学びたいです。

研修カリキュラム(社外)
約1ヶ月

社外の研修を受けていただきます。
他の会社の新入社員のみなさんと、SEとしての基礎知識を学びます。
大勢の仲間と約1ヶ月間、基礎技術と仕事に必要な知識を身に付けます。

  • 情報セキュリティ基礎
  • コミュニケーション技術
  • インターネット/ネットワーク入門
  • Excel、Access基礎・応用
  • プログラミング設計入門
  • プログラミング基礎・応用
  • SQL入門
  • Java言語入門
  • WEBシステム開発

4月某日

今回の研修は、2日間あるExcelの日程のうち、基礎編だったため問題なく進めることができました。

内容は、表作成やSUM関数、グラフウィザードを用いての作成など、学校で習ったことばかりで、今回は復習の意味合いが強く、改めてExcelの利便性や多機能さを深く知る良い機会となりました。

しかし、そればかりではなく、他のExcel関数やショートカットキーの使い方などの説明もあり、新しい知識も得ることができました。特に今まであまり活用していなかったショートカットキーは、作業効率を上げるために、この研修中に必ず習得します。

プログラミング基礎教育(社内)
約1ヶ月

社内の研修に入ります。
社外研修とは違って、自分の会社の中で先輩とコミュニケーションを取りながら、プログラミング言語の応用、システムのサンプル作りなどをおこないます。
色んな先輩と接する機会があるので、充実した期間となるはずです。

  • HTML実習
  • フローチャートの記述方法
  • システム開発手順
  • VB言語入門,プログラミング実習
  • VC言語入門,プログラミング実習

5月某日

今日はJavaのプログラミングについて研修を行いました。
Eclipseでの実行はやったことがありますが、コマンドプロンプトからの実行は初めてだったので、使い方を知ることができました。
また、文字出力の記述の仕方は学んでいたので躓くことなく進めることができました。
プログラムの表記の仕方についてやコメントの書き方・位置について教わることができたので、他の人が見たときや自分が再度見直した際に見やすく、わかりやすいプログラムにできるよう配慮していこうと思います。
また、今回のテキストと自分の書き方が若干違っていたのですが、業務での書き方も違ってくると思うので、変な癖を付けないように気を付けていきたいと思います。 久々のJavaだったので忘れている個所もありましたので、感覚を思い出しながら取り組みたいことと、プログラムの書き方に気を付けながら研修していきます

OJT教育
(社内)
約4ヶ月

自分の部署に配属されます。
先輩のフォローを受けながら、実務を部分的におこない、プログラマの仕事を勉強します。
また、OJT教育に入ると電話対応がはじまります。
お客様からの電話に慣れるまで、少し緊張の日々です。

6月某日

OJTの1週目は、環境構築と携帯用web工程管理システムの修正、サーブレット/JSPの勉強をおこないました。
実際にお客様に渡したシステムのコードを見ることができたので、そこから記述の仕方など学んでいこうと思います。
工程管理システムの修正の前に「サーブレット/JSP」のテキストを読み、JSPとサーブレットの役割が少しわかってきていたところだったので、サーブレット側からどのJSPを呼び出しているのか理解することができました。
まだまだ覚えていかなければならないことがたくさんあるので、勉強していきます。 また、電話応対も緊張してしまうので、早く慣れていけるようにします。

10月デビュー
半年の教育を終え、プロジェクトの
メンバーとして、晴れてデビューです。

2016年度の新人教育を終えた社員の感想

T.E.さんの写真

T.Eさん

新人教育を通して

新人研修は、社外研修で6週間、社内研修で2週間、OJTを9月末まで行いました。
社外研修では、電話対応や名刺交換などのビジネスマナーや、セキュリティやプログラミングの基礎を学び、社内研修ではより詳しいプログラミングを学びました。OJTでは複数の業務に加わり、業務ごとの違いを学ぶことができました。社外研修では他社の方々と合同で行い、グループワークなどで交流を深めることができます。

私はプログラミングの経験があまりありませんでしたが、社内・社外研修では未経験者向けに教えていただき、基礎からしっかり学ぶことができました。社外研修のプログラミングでは、他の研修生の方々よりも遅れることがありましたが、講師の方や他の研修生の方々に質問するなどして、自分のペースで着実にスキルを磨いていくことが大切だと思いました。社内研修からOJTにかけて、わからない部分は先輩方が丁寧に教えていただいたため、意思疎通を積極的に行うことで円滑な業務に繋がっていくことを実感しました。
新人研修期間を通して、自分のスキルにあわせてくれる部分が大きいので、積極的にスキルアップを図るといいと思います。実際の職場という環境では社外研修とは異なった緊張感があり、先輩に迷惑をかけてばかりでしたが、失敗をしてもいつもやさしく支えていただいたおかげで、今では自信を持って作業が出来るようになっています。

ページトップへ戻る