セキュリティーポリシー

情報セキュリティー方針 策定趣旨

経営を行うための重要課題の一つであるリスク管理の強化は不可欠です。
特に、「情報セキュリティ対策」は高度なITを活用して、システムコンサルティング、システム提案、 企画、開発、パッケージ販売、システム運用サポート等を行う当社としては最重要課題として位置付けします。
企業や組織のIT化の促進に伴い、「保有する情報資産を有効に活用できること」が重要視されるなか、組織内 においてデータを共有するだけでなく、インターネットを利用して情報を提供したり収集したりすることが 一般的になりました。このような、ITへの依存による利便性の向上と引き換えに、大きな危険性を抱え 持つことになりました。 特に、顧客情報や個人情報を取り扱う場合には、これを保護することが、企業や組織にとっては社会的責務であります。 当社は「情報セキュリティ対策」に社員一丸となって、全力を尽くします。「情報セキュリティ対策」は画一的なもの ではなく、企業や組織の持つ情報や組織の規模、体制によって、異なり、当社独自の業務形態、ネットワークやシステム 構成、保有する情報資産等を踏まえて、その内容に合った情報セキュリティ対策を行います。
・トップダウンによる周知・徹底を行う。
・組織内の情報資産を明確にし、効果的なセキュリティ対策を可能にする。
・社員の情報セキュリティに対する意識を向上させる。
・定期的なチェック体制、リスク分析を徹底させる。
・顧客から指示された「お客様遵守事項」等を遵守させる。
・顧客、取引先等に対する企業や組織としての信頼性を向上させる。
・情報セキュリティに関する関連法規を遵守する。

当社は、情報資産を保護する「情報セキュリティマネジメント」を実施するために、『情報セキュリティポリシー』を策定する。
 『情報セキュリティポリシー』は、当社の情報資産を、故意や偶然という区別に関係なく、改ざん、破壊、漏洩等から 保護されるような管理策をまとめた文書である。  当社の情報資産を利用する者は、情報セキュリティの重要性を認知し、この『情報セキュリティポリシー』遵守しなければならない。

代表取締役

当社に於ける 情報セキュリティー方針目次(PDF)を添付します。
詳細は、社外秘となっておりますので、必要な場合は、担当者にお問い合わせ下さい。

ページトップへ戻る